Image
HOME>ウエイトトレーニング>トレーニングギア>トレーニングギア-11
Image
トレーニングギア12345678910111213
■ 【渡辺実プロジュース】Ladle Rowing GYM(レードルローイング・ジム)
種類と数量 をお選びください
重量: 数量:
価格/税込:固定タイプ(写真左)/\34,766(本体価格:\32,191)、高さ調節タイプ(写真右)/\51,223(本体価格:\47,429)

※ こちらの商品は、受注発注商品になります。 お届けまで約3〜4ヶ月程お時間を頂く場合がございます。また、メーカーで在庫が欠品している場合がございます。その際は、別途ご連絡させて頂きます。予めご了承の上、ご注文頂きますようお願い申し上げます。

重量: 固定タイプ/4kg、高さ調整タイプ/5.5kg

レードルローイング・ジムは、既存のバーベルシャフトとプレートで最高のローイングマシンを組み立てるツールです!

レードルローイングは、支点からの距離が長いため、握るポイントのずれが少ない理想的なローイングの軌跡が得られます。この効果的なローイングを簡単にセッティングする画期的な商品です。(企画/渡辺実)

1)この部分が「レードルローイング・ジム」本体。バーの固定も簡単。
2)ウェイト(別売)をつけて安定させます。
3)台に乗って行えば、より広い可動域を得る事ができます。※ 台は付属しておりません。
4)ケーブルアタッチメントなどを利用して持ち方を様々に変える事が出来ます。
5)バー(別売)は2200mmタイプがおすすめ。
※ 写真のウェイト(プレート)、バー、台は別売りです。

レードルローイングで重要な、1)支点からの距離、2)支点の高さを実現しつつ、より手軽にセットアップすることができます。また転がったりする心配もなく、安定度も抜群!

グリップの交換も自由:レードルローイングは。素手でもちろんOKですが、アタッチメントなどを利用しグリップを引っかけることで、グリップを自由に変えることができます。

高さ調節タイプならば、支点の高さを自由に調節することができます。これによって、さらに背中の刺激の自由度を高めることが出来ます。高さ調節タイプで、高い台に乗って行えば、かなり深くおろすことができます。これまでのマシンでは実現出来なかった可動域の広いローイングも可能になります。

使い方:セットアップに必要なのはわずかな時間です。
支点について:利点は、その軸の長さによります。一般的にジムに置いてある機械のローイングは、設置面積の都合上、どうしても軸が短くなっています。軸が短いと、同じ距離を引いた時に引き手の前後位置が倍近く変わってきてしまい、フィニッシュポジションで窮屈になってしまいます。

■ 【渡辺実プロジュース】Straight Bar(プルダウン用ストレートバー)
数量をお選びください
価格/税込 \15,120(本体:\14,000)

※ こちらの商品は、受注発注商品になります。 お届けまで約3〜4ヶ月程お時間を頂く場合がございます。また、メーカーで在庫が欠品している場合がございます。その際は、別途ご連絡させて頂きます。。

曲がっているプルダウン用バーが当たり前の中で、ストレートバーの利点は、肩胛骨周辺の動きを意識しやすく、力も逃げないなど、たくさんあります。さらなる背中の発達を目指すなら、ストレートバーをぜひお試し下さい。(企画/渡辺実)

こだわりのストレートプルダウンシャフト!渡辺実開発のストレートタイプのプルダウンシャフトにはこだわりがあります。

その1:固定式シャフト!回転式シャフトだと、せっかくグリップを極めてもずれてきてしまいます。回転しないシャフトの方が正しいグリップをキープしやすいのです。

その2:ロングストレートタイプ!十分な長さがあるストレートバーなので、どこで握ってもストレートバーの恩恵に預かることができます。

その3:ウエサカ・クォリティ!世界的にも定評があるウエサカ ティー・イー製。丈夫にできています。規定の使い方で使っている限りまず壊れることはあり得ません。

最大の特徴は、肩胛骨が引っ張り出されること!
バーがカーブしていると、小指側が下がってしまうので、肘が内に抜けてしまいます。結果、肩胛骨が引っ張られてきません。
ストレートバーだと、小指側にしっかりと引っかけて持つことができるので、肘から肩胛骨が連動して外側に引き出されます!

トレーニングギア12345678910111213
ポイント会員制度について  Fitness Shop on-lineでお買上げ頂いたお客様は、自動的に会員になります。商品お買上げ\2,000(税抜)で1ポイント、30ポイントになりますと\5,000分を、次回のお買い物から割引させていただきます。

カートのご利用方法プライバシーポリシー通信販売法規